2009年03月19日

Monochrome sun

bwtree.jpg
junmarie.comのPHOTOに
白黒写真をアップしたよ
去年の夏に千葉や葉山で撮ったもの
ぜひ、ごらんになってね
いやあ白黒写真ていいな
この間、森山大道さんのドキュメンタリー番組をたまたま視たんやけど
おしろかった
あたしみたいなどどどどど素人が言うのもおこがましいですが
森山さんの視点となんか似てるなーって思った
グッとくるポイント
なんか近いものを感じた
あたしは、テクニカルなことはよくわからないので
いつも、カンだけを頼りに
絞りやシャッタースピードをいじってシャッターを切ってる
わかんないから、自分にとって未知のものが生まれるような気がして
できた写真みて、びっくりしたりにんまりしたり
難しいことはいやなので
いつまでたっても技術面をあんまり研究するわけでもなく...
まーシャッタースピードはなんとなく、わかるけど
しぼりがね...
いつもどの数字にあわせたら光がいっぱい入るのかわかんない
まーいいの
OLYMPUS PEN FT
あたしの宝物である相棒よ
父が若い頃使っていたカメラ

この正月はじいちゃんの形見のEOSも使った
オートフォーカスだから勝手にピント合わせてくれて
勝手に光りを取り込んでくれるけど
現像した時、あんまりにんまりできなかった
あたしにはやっぱり、よくわかんないこのPEN FTが合ってるわ

んで、森山さんに触発されて
もっと白黒を撮りたいと思った
荒い感じの


実は、PEN FTをもう1台持ってんの
母が若い頃使ってたやつ
夫婦で同じの使ってたそうでなかよし〜

そっちもちょっとひっぱり出して視てみよう

白黒用
カラー用
なんて、ぜいたくですな

やっぱり
フィルムっておもしろいよ
現像する時、楽しみでワクワクするし
シャッター押した瞬間、しっかり撮ったって実感できる
個人的な意見やけど
デジカメだと、ちゃんと撮れてるかいちいち確認する
フィルムはそんなやぼなことできない しない 後戻りできない
絵でも、緻密に構図考えたり、下書きしたらつまんなくなってしまう
絵の具だと、上からまた塗り直しできるけど
ペン画だと一発で決めていかないといけない
後戻りできない緊張感
その時だけ その瞬間の自分を刻んでいく という緊張感

そういうのに似てるなぁ

いろんな方法があると思うけど
まあ、あたしはそういうタイプ
そういう時が本当に楽しい




...Shinichiro Yamamotoさん
どうもありがとうございます!




junmarie
posted by junmarie at 00:24 | Comment(0) | diary | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。