2007年08月27日

ダモとセミ


CANってバンド教えてもらったのですが
こりゃあ、凄い格好良いと思いましたので
ユーチューブで探してみて
ありました。
OH YEAH ってこの曲
何が、どの辺が、 オーイエー なのか、
よくわかりませんが
心がドロドロうずいて仕方ない。
くっ、きたよ、この感じ。
この浮遊感。
ソニックユース漬けになって、絵描きまくってた感じがよみがえるわ。
オーイエーをこのトコロ(おとといから。浅っ!)ずっと聴いてて
眠りにつく時も、
頭の中で無意識に鳴っててうなされました。
 
  
     ひとりでそこに座ってる 頭のイカレタやつ
         虹の上からしょんべん。。。


のとこ。ぐるぐる回転。
ドイツのバンドやけど、ボーカル:ダモ鈴木という方、
名前の通り、日本人。
こんな時代(60年代後半〜70年代前半ごろ)に日本から遠く離れた異国で
(とりあえず、ヒッピーだったようで)
英語で歌ったり、日本語で歌ったり
こんなことやってる日本人
カッコイイじゃないですか。
と、教わりました。
ほんとね。
CANは黒人のボーカルもいたんやて。

しかし、ユーチューブ。
こんな、お宝映像が!こんな簡単に!
楽しめてしまうのか、ネット時代!!

8/26(日)は、そんな旬なCANを聴きつつ
ひとり昼過ぎ、意気揚々と自転車のって散歩してたら
ばちばちばちばばば!!!!と、でかいセミが突っ込んで来て
ギャー!!死ぬ!!
(セミ大嫌い、とにかくでかい虫、大嫌い)
と、咄嗟に急ブレーキかけたら
自転車ツンノメリになって
スッ転んでしまい、
足の爪をズリ〜と擦ってしもた 

おととい、
「セミは飛ぶの下手だから、たまに、突っ込んでくるんだよ」
「えー!さいあくやわ〜」
なんて、会話した後やったから
いきなり、その洗礼を受けた形となってもた
クヒン
なんて、どんぴしゃなタイミングなのよ

転けてからも、背後から嫌な羽音が聞こえ
倒れた自転車の周りで恐怖にじたばたするわたし
もう必死。
はっと我に返り、セミの気配が消えた後、
猛烈な足の痛みに襲われ、しばらく中腰で動けず....うっぐ
ペディキュアはげて爪ボロボロ。。。なんとまぁ痛々しい(涙)
こんな時、ひとりは辛いね、みなさん。
ぐっと半泣きで、心の底から『地獄へ堕ちろ!』と
現在この世に生きる全てのセミ、
これから未来に生まれる全てのセミを恨みつつ、
がんばって散歩を続行した
すれ違う人たちは、あたしの苦しみなんで知るはずもない。
なんて、痛いの。
なんて、悲しいの。
なんて、苦しいの。
(普段、痛い思いなんてしないから、そうとうショックだったのです)
せっかくの陽気なお散歩が!!
しかし、ここで、帰ったら、ほんまに精神的にもへこむ。
気合いじゃ。
うえーん
このあほみたいな虫嫌いを克服できたら、もっと自由になれるのに!
嗚呼、鳥のように、あいつらをうまそうに喰い殺すくらい
自由になりたい。

...そして
クーラーの効きすぎた店でざるそば食べ(寒すぎ!もうちょっと考えろよ)
無料で入れる植物園に行き、
風が運んでくれた土と草の匂いをかいで、ほ〜〜っと癒され
なんとか元気を取り戻した
水草&雑草がしげる沼地や
チラチラ日が差し込むほの暗い林や
その上のひらけた芝生広場をぐるぐる歩いて、何枚か写真を撮って
花屋で、ジャスミンとユーカリの木とオレガノを買って帰り
ベランダで素焼きの鉢に植え替えて
もふっと昼寝!!!


そろそろ夏が傾いてきたね
まだ、暑いけど
トンボがいっぱい飛んでた
ひっくり返って死んでるセミもよく見かけるようになった へんっ

今年の夏は
遠出はしなかったけど
なんだかんだ
遊びにいったりして
楽しかったなあ
070814_1212〜0001.jpg070814_1730〜0001.jpg
070814_1822〜0002.jpg
(読売ランドのプールに行った日)

070812_1654〜0001.jpg070812_1547〜0001.jpg
(上野の国立科学博物館に行った日)


でも、あたしは秋が一番大好きデース!

junmarie
http://www.junmarie.com/
posted by junmarie at 15:10 | music | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。